婚約をしてから結婚まで

婚約と結婚式

付き合っていた彼からプロポーズをされ、婚約をし、まるで夢をみているみたいだと浸る女性もいると思います。
しかし現実は甘くありません

 

婚約をしたならば、まずはお互いの両親へ挨拶へ行き、住む場所や仕事を続けるのか、結納や結婚式はどこでどのように行い、入籍日はいつにするのかも決めなければならない事がたくさんあります。
まず第一関門が両親への挨拶です。
服装や手土産に気を遣わなければなりませんし、どちらの家から挨拶へ行くべきかも彼と相談し合わなければなりません。
また、自分たちで結婚するまでのビジョンをある程度たてておかなければ、両親からの質問に答えられなく、本気で考えているのか、とどやされてしまいますので、気をつけなければなりません。
第一関門がクリアしたならば、次は日程等の調節です。
入籍をどのタイミングで行うのか、また結納と結婚式は行うのか否か、など相談しなければなりません。
行うのであれば場所や日程を決め、会場へ足を運ばなければなりません。

 

そのような諸々があった上で初めて周りに結婚をするのだと報告できます。
婚約して浮かれモードではなく、結婚までの具体的な道のりを決めるのは多少大変ではありますが、有意義なものになるでしょう。